探偵作家・雑誌・団体・賞名辞典-し-


四季桂子(しき・けいこ)

1932年(昭7)生まれ。本名市橋桂子。狩久は夫。
1953年(昭28)、明内桂子名義で、「伝貧馬」が「別冊宝石」の候補作となり、1956年(昭31)より、四季桂子に改める。
1990年(平2)、死去。

幻影城掲載誌:17/38/


柴田練三郎(しばた・れんざぶろう)

本名斎藤練三郎。1917年(大6)、岡山県生まれ。慶応義塾大学支那文学科卒。翻訳者の斎藤磯雄は義理の兄。文壇作家の探偵小説勉強会「影の会」会員。
岡山県立第二中学校時代、第二中学校校友会発行の「校友」第八号に「不運と幸運」を発表。
1938年(昭13)、「十円紙幣」を「三田文学」に発表。
1942年(昭17)に召集されるが、南方で撃沈され、漂流。
1951年(昭26)に「三田文学」に発表した「デスマスク」が1951年(昭26)の第25回芥川賞直木賞の候補となる。同時に探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1952年版」に収録される。
1952年(昭27)に発表した「イエスの裔」が第26回直木賞を受賞。
1956年(昭31)に「週刊新潮」に発表した「江戸っ子気質」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和31年度」に収録される。
1956年(昭31)に発表した「死者の唇」は日本文藝家協会の「創作代表選集 第18巻(昭和31年前期)」に収録される。
1956年(昭31)、「週刊新潮」に「眠狂四郎」シリーズ連載開始。
1957年(昭32)に「オール読物」に発表した「かたくり献上」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和32年度」に収録される。
「別冊文藝春秋」に発表した「あげまき助六」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和33年度」に収録される。
1960年(昭35)に「小説新潮」に発表した「悪女仇討」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和35年度」に収録される。
1960年(昭35)に「オール読物」に発表した「幽霊紳士」は大坪砂男の協力があったと噂される。
1961年(昭36)に「オール読物」に発表した「梅一枝」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和36年度」に収録される。
1962年(昭37)に「小説新潮」に発表した「生命の糧」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和37年度」に収録される。
1963年(昭38)に「小説中央公論」に発表した「仇、討たれず記」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和38年度」に収録される。
1964年(昭39)に「小説新潮」に発表した「奇蹟の武将」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和39年度」に収録される。
1965年(昭40)に「小説新潮」に発表した「幕臣一代」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和41年度」に収録される。
1967年(昭42)に「小説現代」に発表した「刺客」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和42年度」に収録される。
1968年(昭43)に「オール読物」に発表した「怪談累ヶ淵」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和43年度」に収録される。
1969年(昭44)に「オール読物」に発表した「学問浪人」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和45年度」に収録される。
1970年(昭45)、「三国志 英雄ここにあり」などの作品により、第4回吉川英治文学賞を受賞。
1972年(昭47)に「小説新潮」に発表した「贋者助太刀−眠狂四郎市井譚の内−」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和48年度」に収録される。
1973年(昭48)に「オール読物」に発表した「剣魔稲妻刀」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和49年度」に収録される。
1974年(昭49)に「オール読物」に発表した「長崎奉行始末」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和50年度」に収録される。
1977年(昭52)に「小説新潮」に発表した「一心不乱物語」は日本文藝家協会の「代表作時代小説 昭和53年度」に収録される。
1978年(昭53)、白血病にて死去。


柴野拓美(しばの・たくみ)

1926年(大15)、金沢生まれ。
1957年(昭32)、星新一らとともに日本で最初のSF同人誌「宇宙塵」を発刊。発刊時には大下宇陀児の助言を受けた。
1960年(昭35)、小隅黎名義で「宝石」に「磯浜駅にて」が掲載される。

幻影城掲載誌:45/ブラックホール/


芝山倉平(しばやま・そうへい)

本名関四郎。元国鉄常務理事として国鉄の電気機関車化に尽力。元明電舎社長。
1946年(昭21)、「新青年」に「電気機関車殺人事件」を掲載。この作品は電気機関車の告知のために書いたものだった。
1990年(平2)、死去。

幻影城掲載誌:3/


島久平(しま・きゅうへい)

本名小島彰。1911年(明44)、大阪市生まれ。
1947年(昭22)、香住春吾天城一らと関西探偵小説新人会を設立。
1948年(昭23)、「街の殺人事件」を「黒猫」に発表。
1948年(昭23)、「悪魔の手」が「夕刊岡山」の第1回探偵小説懸賞に入選。
1949年(昭24)、「女人三重奏」が「夕刊岡山」の第2回探偵小説懸賞に入選。
1950年(昭25)、「硝子の家」が「宝石」の百万円懸賞コンクールA級(長編)に三等入選。
1950年(昭25)、「新青年」に掲載された木々高太郎主宰の文学派座談会「抜き打ち座談会」に触発され、香山滋山田風太郎島田一男高木彬光三橋一夫武田武彦香住春作、島久平、白石潔が、本格派擁護のために鬼クラブを結成。
1983年(昭58)、脳出血のため死去。

幻影城掲載誌:48/49/作家が語る探偵小説観/


島崎博(しまざき・ひろし)

1933年(昭8)、台湾生まれ。本名傳金泉。日本大学法学部、早稲田大学院卒。ワセダ・ミステリ・クラブ出身。日本大衆文学研究会会員。別名浅井健、S。権田萬治は日本における身元引受人。文京区で古書店「風林書房」を営んでいた。足で折鶴を折ることができる。
1962年(昭37)、権田萬治、二上洋一らと「みすてりい」創刊。
1963年(昭38)、「宝石」の「作家の周辺」に作家の著作リストを連載。
1972年(昭47)、八木昇等、東京神田古書展の早出組の仲間と「麒麟の会」を結成し、「麒麟」の編集に携わる。「麒麟の会」の名付け親は島崎博。
1972年(昭47)、三島瑤子との共編で「定本三島由紀夫書誌」を刊行。
1974年(昭49)、日本大衆文学会の「大衆文学論叢」を「風林書房」より発刊。
1975年(昭50)、日本有数を誇っていた莫大な探偵小説に関する資料を背景に、「幻影城」編集人に就任。過去の名作探偵小説の再録や久しく筆を折っていた作家の新作、また探偵小説の評論を中心にした編集を行う。既存作家の反発もあったが、その一方で泡坂妻夫栗本薫連城三紀彦など数々の新人を発掘。
1976年(昭51)、株式会社幻影城を設立し、編集人と併せて「幻影城」の発行人に就任(発行人は1977年(昭52)まで)。さらに日本大衆文学会が発行していた「大衆文学論叢」の発売元を四号より「風林書房」より引き継ぐ。
1979年(昭54)、「幻影城」廃刊とともに、台湾に失踪。それとともに莫大な探偵小説に関する資料も散逸した。ライフワークとして、「日本推理作家書誌」(第一巻・作家別作品目録、第二巻・作家別著書目録、第三巻・探偵小説参考文献目録、別巻・探偵雑誌総目録)の刊行を目論んでいたが、その夢も潰えた。
台湾では傅博名義で雑誌「推理」の顧問を務めていたほか、黄淮名義で、評論家としても活躍。台湾において「日本時大推理名著全集」「日本名探推理系列」「日本推理名著大展」「推理文学館」など四十数冊の出版物がある。

島崎博の台湾における近況は、「blue的推理文學醫學院」の「拜訪島崎博老師略記:島崎博(傅博)」で知ることができる。

幻影城掲載誌:1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/16/17/18/20/21/22/23/24/25/26/
27/28/29/30/31/32/33/34/35/36/37/38/39/40/41/42/43/44/45/
46/47/48/49/50/51/52/53/54/別冊幻影城掲載誌:1/2/3/4/5/6/7/9/12/13/15/16/幻影城ノベルス/


島田一男(しまだ・かずお)

1907年(明40)、京都市生まれ。中学の先輩に大庭武年がいた。中学三年の時には「落葉の譜」が「遼東新報」の懸賞で関東州長官賞を受賞。
満州日報社時代、「その後の実朝」が「大陸事情」に掲載。また、海が荒れ、船が欠航し、満州日報社に掲載する小説が届かなかったりすると、代打で小説を執筆し、「死人の丘殺人事件」や「睿親王殺人事件」を発表。
上司の社会部長に山口海旋風がいた。
1945年(昭20)には満州日報社東京支社に移るが、まもなく終戦とともに解散になると、記者たちが次の仕事を見つけるための繋ぎとして、自ら編集長となり、「大陸情報通信」を発行する。
「大陸情報通信」のすべて記者の再就職先が決まった1947年(昭22)、「宝石」創刊号に掲載されていた第一回探偵小説募集の広告に気づき、締め切りまで三日しかないのにもかかわらず、応募する。
1947年(昭22)、「殺人演出」が「宝石」の懸賞に入選。
1948年(昭23)、「太陽の目」が「旬刊ニュース」に掲載され、旬刊ニュース新人コンクール読者投票で第四位獲得。また、1949年(昭24)には第2回探偵作家クラブ賞短編賞候補作となる。
1948年(昭23)に「黒猫」に発表した「四次元の犯人」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1949年版」に収録される。
1948年(昭23)、「探偵小説新人会」を高木彬光香山滋山田風太郎、島田一男、岩田賛楠田匡介らが結成。
1949年(昭24)、「宝石」に掲載した「拳銃と香水」により、新聞記者を主人公にした“ブン屋物”を創造。
1949年(昭24)に「宝石」に発表した「社会部長」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1950年版」に収録される。
1949年(昭24)に「宝石」に発表した「婦鬼系図」(錦絵殺人事件と改題)が第3回探偵作家クラブ賞長編賞候補作となる。
1950年(昭25)、「新青年」に掲載された木々高太郎主宰の文学派座談会「抜き打ち座談会」に触発され、香山滋、山田風太郎、島田一男、高木彬光、三橋一夫武田武彦香住春作島久平白石潔が、本格派擁護のために鬼クラブを結成。
1950年(昭25)、「週刊朝日」「宝石」等に掲載した「社会部記者」など一連のシリーズにより、1951年(昭26)、第4回探偵作家クラブ賞短編賞受賞。同時に1950年(昭25)に「面白倶楽部」に発表した「風船魔」も短編賞候補作となる。「週刊朝日増刊」に発表した「社会部記者」は探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1951年版」に収録される。
1951年(昭26)に「宝石」に発表した「逆流」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1952年版」に収録される。
1951年(昭26)に「宝石」に発表した「恐風」が1952年(昭27)に第5回探偵作家クラブ賞候補となる。
1952年(昭27)に「オール読物」に発表した「誤報殺人」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1953年版」に収録される。さらに、1953年(昭28)の第6回探偵作家クラブ賞候補となる。
1953年(昭28)に「面白倶楽部」に発表した「生霊」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1954年版」に収録される。
1954年(昭29)に「小説公園」に発表した「奇妙な夫婦」が日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1955年版」に収録される。また、1955年(昭30)には第8回日本探偵作家クラブ賞候補となる。
1955年(昭30)に刊行した「上を見るな」と、同年に「面白倶楽部」に発表した「東京暴力団」が1956年(昭31)、第9回日本探偵作家クラブ賞候補作となる。「東京暴力団」は日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1956年版」に収録される。
1956年(昭31)に「オール読物」に発表した「妊婦の檻」は日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1957年版」に収録される。
1956年(昭31)に「講談倶楽部」に発表した「七色の地図」が、1956年(昭31)に第35回直木賞候補作となる。
1957年(昭32)に「宝石」に発表した「作並」は日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1958年版」に収録される。
1958年(昭33)からのNHK「事件記者」の原作者でもあり、同ドラマはのちにフジテレビに移り8年続く。
1958年(昭33)に「宝石」に発表した「泥まみれ」が日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1959年度版」に収録される。
1959年(昭34)に「オール読物」に発表した「百十一万分の一」は日本探偵作家クラブの「推理小説ベスト15 1960年版」に収録される。
1961年(昭36)に「オール読物」に発表した「生き残った男」は日本探偵作家クラブの「1962 推理小説ベスト20」に収録される。
1971年(昭46)、日本推理作家協会の第六期理事長に就任。
構成のそつのなさと歯切れのよい文体が持ち味。作品は現実性あふれるものが多い。
江戸川乱歩は、香山滋、島田一男、山田風太郎、高木彬光、大坪砂男を戦後派五人男と呼んだ。江戸川乱歩、香山滋、渡辺剣次、楠田匡介、中島河太郎千代有三、荻原光雄、岡田鯱彦鷲尾三郎とともに「十人会」を結成していたこともある。
1996年(平8)、急性心不全のため死去。

幻影城掲載誌:4/7/19/作家が語る探偵小説観/日本長編推理小説ベスト99/


島村抱月(しまむら・ほうげつ)

本名佐々木滝太郎。1871年(明4)、島根県生まれ。東京専門学校文学科卒。
1894年(明27)、坪内逍遥主宰の「早稲田文学」の編集を担当し、同誌に評論「探偵小説」を発表。長谷川天渓らと自然主義を推進した。


地味井平造(じみい・へいぞう)

本名長谷川麟二郎。1905年(明38)、北海道函館生まれ。
牧逸馬の実弟。弟は長谷川濬、長谷川四郎。本名では画家で知られる。牧逸馬とともに借りた家の大家が松本泰だった。早稲田高等学院在学中には、水谷準と同居していた。
1926年(大15)、同級生である水谷準の勧めで、「煙突奇談」を「探偵趣味」に掲載し、探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第ニ号(1926年版)」に収録される。
1927年(昭2)、「新青年」に発表した「魔」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第三号(1927年版)」に収録される。
1988年(昭63)、死去。

幻影城掲載誌:4/9/13/23/


清水一行(しみず・いっこう)

1931年(昭6)、東京向島生まれ。早稲田大学法学部中退。
1966年(昭41)、「小説兜町(しま)」を刊行。
1974年(昭49)、「動脈列島」を刊行し、1975年(昭50)、第28回日本推理作家協会賞受賞。

日本長編推理小説ベスト99/


シムノン,ジョルジュ(Georges_Simenon)

1903年(明36)、ベルギーのリエージュ生まれ。別名ジョルジュ・ディズリー、プリック・エ・プロック、ゴム・ギュット、リュク・ドルサン、ボベット、ジャック・デルソンヌ、キム、プム・エ・ゼット、ジャン・サンドール、ガストン・ヴェアリ、G・ヴィオリ、ジェルマン・ダンティーブ、ジャン・ドルサージュ、J-K・シャルル、ジャン・ドサージュ。
ベルギー国籍のフランス探偵作家だが、大衆小説、純文学と多彩な活躍で、フランス文壇の代表的存在。
1919年(大8)、16歳で「ガゼット・ド・リエージュ」紙の通信記者となり、1920年(大9)に処女作であるユーモア小説「箱船の上に」をジョルジュ・シム名義で発表。
20歳から30歳までに、通俗作家のジョルジュ・イスタの紹介で、ジョルジュ・シム、クリスチャン・ブリュル、ジョルジュ・マルタン-ジョルジュ、ジャン・デュ・ペリー、アラミスなど20種類余りのペンネームを使って約200冊の通俗長編小説を執筆。
1929年(昭4)、シムノン名義で「怪盗レトン」を執筆し、1931年(昭6)に刊行。メグレシリーズの第一作だが、メグレは1930年(昭5)にブリュル名義で発表した「Train de nuit」に登場した端役だった。この年だけでも「死んだギャレ氏」「聖フォリアン寺院の首吊り男」「深夜の十字路」「運河の秘密」「男の首」「黄色い犬」「オランダの犯罪」「ゲー・ムーランの踊り子」「山峡の夜」などの11編を刊行。
1933年(昭8)、「霧の港」を発表。
1939年(昭14)、江戸川乱歩が「聖フォリアン寺院の首吊り男」を「幽鬼の塔」として「日の出」に翻案する。
1948年(昭23)、「雪は汚れていた」を発表。
1952年(昭27)、ベルギーのアカデミー会員に選定。
1966年(昭41)、アメリカ探偵作家クラブ巨匠賞を受賞。
作品数は400以上にものぼり、驚異的な執筆量を誇る。はじめの二年間は月一冊のペースでメグレ物を執筆していた。語り口の巧みさ、性格描写の的確さ、豊かな地方色に特色がある犯罪心理小説である。
日本では1935年(昭11)から多数紹介され、欧米よりもいちはやくシムノンブームが巻き起った経緯がある。木々高太郎の招きで来日が予定されていたが、実現しなかった。
1972年(昭47)、「メグレ最後の事件」までで、長編77、中編35のメグレシリーズがある。55ヶ国語に翻訳され、半世紀近くベストセラーを続け、5億冊以上も売ったという。
1989年(平1)、死去。

幻影城掲載誌:8/9/10/11/17/29/


霜月信二郎(しもつき・しんじろう)

本名原信夫。1944年(昭19)、名古屋生まれ。慶応大学経済学部中退。
1977年(昭52)、「幻影城」第二回新人賞小説部門に「炎の結晶」が佳作入選。
1979年(昭54)、「六方晶系の女」が第25回江戸川乱歩賞候補となる。

幻影城掲載誌:27/32/43/44/46/52/


シモンズ,ジュリアン(Julian_Symons)

1912年(大1)、イギリスのロンドン生まれ。兄は作家のA・J・A・シモンズ。
1937年(昭12)、詩の雑誌「Twenty Century Verse」を創刊。
1939年(昭14)、詩集「Confusions About X」を発表。
1945年(昭20)、「取るに足らない殺人事件」を発表。
1947年(昭22)、「マンチェスター・イヴニング・ニューズ」の文芸欄を担当。
1953年(昭28)、イギリス推理作家協会を創設。
1955年(昭30)、「狙った椅子」を発表。
1957年(昭32)に発表した「殺人の色彩」で、1957年(昭32)にイギリス推理作家協会クロスド・ヘッド・ヘリング賞(ゴールドータガー賞)を受賞。
1958年(昭33)、イギリス推理作家協会会長就任。
1960年(昭35)に発表した「犯罪の進行」で、1960年にイギリス推理作家協会次点賞(シルバータガー賞)と、1961年(昭36)にアメリカ探偵作家クラブ長編賞を受賞。
1972年(昭47)に発表した評論「ブラッディ・マーダー-探偵小説から犯罪小説への歴史」でアメリカ探偵作家クラブ特別賞を受賞。
1976年(昭51)、イギリス探偵作家クラブ会長就任。
1982年(昭57)、アメリカ探偵作家クラブ巨匠賞を受賞。
1990年(平2)、イギリス推理作家協会ダイヤモンドタガー賞を受賞。
1994年(平6)、死去。


シュピオ

シュピオ創刊号表紙 1937年(昭12)1月創刊。古今社発行。同人誌「探偵文学」を改題しているが、海野十三小栗虫太郎木々高太郎の共同編集による新雑誌。誌名は木々高太郎の命名による。ロシア語で「探偵」を示す「シュピオン」から採った。編集実務は蘭郁二郎が執っていた。木々高太郎が直木賞を受賞した際には大増刊を発行し、木々高太郎選の傑作集を掲載。新しい探偵文学の確立を目指していたが、1938年(昭13)4月、経済上の理由で廃刊。通計13冊。写真は「シュピオ」創刊号表紙。



小説(しょうせつ)

1947年(昭22)5月創刊。「ぷろふいる」を発行した京都の熊谷市郎が妻の郷里の奈良に別会社「かもめ書房」設立し発行。編集長は九鬼紫郎が勤めた。純粋探偵小説誌ではなかったが、角田喜久雄の「銃後に笑う男」(のちに改題し高木家の惨劇)や横溝正史の「黒猫」を掲載し、戦後の本格探偵小説隆盛の一翼を担った。1949年(昭24)廃刊。全10冊。


小説推理(しょうせつすいり)

1973年(昭48)1月創刊。「推理ストーリー」が改題された「推理」がさらに改題された雑誌で、巻数も「推理」から引き続いている。


城昌幸(じょう・まさゆき)

本名稲並昌幸。1904年(明37)、東京神田生まれ。。
1923年(大12)、同人雑誌「東邦芸術」を発刊。城左門の名で詩作を行う。その後、同誌は日夏耽之介主宰の詩誌「サバト」となり、西条八十と知り合う
1925年(大14)、「探偵文芸」に「秘密結社脱走人に絡る話」を発表。
1925年(大14)、「探偵文芸」に発表した「シャンプォォル氏事件の顛末」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第一号(1925年版)」に収録される。
1926年(大15)、「新青年」に発表した「都会の神秘」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第ニ号(1926年版)」に収録される。
1927年(昭2)、「殺人淫楽」を「新青年」に発表し、探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第三号(1927年版)」に収録される。
1927年(昭2)、「探偵趣味」に発表した「運命の抛物線」は探偵趣味の会の「創作探偵小説集 第四号(1928年版)」に収録される。
1928年(昭3)、岩佐東一郎と同人誌「ドノゴ・トンカ」を刊行。
1928年(昭3)、「ジャマイカ氏の実験」を「新青年」に発表。
1930年(昭5)、処女詩集「近世無頼」を刊行。
1931年(昭6)、岩佐東一郎と「文芸汎論」を運営。
1938年(昭13)、「週刊朝日増刊」に「若さま侍捕物帖」の第一作「舞扇三十一文字」を発表。
明治時代、「驚くなかれ税金たった二百万円」という大看板を掲げた煙草業界の大立て者、岩谷天狗の孫、岩谷満から1946年(昭21)に詩と探偵小説の雑誌発行の相談をもちかけられ、(元々は岩佐東一郎宅で知り合った)武田武彦とともに、「宝石」を創刊し、編集主幹を勤めた。のちには社長となった。
1947年(昭22)に「宝石」に発表した「幻想唐草」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1948年版」に収録される。
1948年(昭23)に「宝石」に発表した「スタイリスト」が探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1949年版」に収録される。
1949年(昭24)、捕物作家クラブの副会長に就任。
1949年(昭24)に「宝石」に発表した「道化役」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1950年版」に収録される。
1950年(昭25)に「宝石」に発表した「その夜」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1951年版」に収録される。
1951年(昭26)に「宝石」に発表した「その家」と、さらに「燠火」は1952年(昭27)、第5回探偵作家クラブ賞候補作となる。また、「その家」は探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1952年版」に収録される。
1952年(昭27)に「宝石」に発表した「絶壁」が、1953年(昭28)、第6回探偵作家クラブ賞の候補となる。同時に1952年(昭27)に「宝石」に発表した「猟銃」も候補となる。また、「絶壁」は探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1953年版」に収録される。
1953年(昭28)に「宝石」に発表した「ユラリウム」が、探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1954年版」に収録される。
1954年(昭29)に「別冊宝石」に発表した「中有の世界」が日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1955年版」に収録される。
1954年(昭29)に「面白倶楽部」に発表した「魂の殺人」が1955年(昭30)に第8回日本探偵作家クラブ賞の候補となる。
1955年(昭30)に「宝石」に発表した「波の音」が1956年(昭31)、第9回日本探偵作家クラブ賞の候補となる。また、日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1956年版」に収録される。
1956年(昭31)に「宝石」に発表した「自殺倶楽部」は日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1957年版」に収録される。
1957年(昭32)に「宝石」に発表した「ものの影」が1958年(昭33)に第11回日本探偵作家クラブ賞の候補となる。同時に日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1958年版」に収録される。
1958年(昭33)に「宝石」に発表した「ママゴト」が1959年(昭34)、第12回日本探偵作家クラブ賞の候補となる。同時に日本探偵作家クラブの「探偵小説年鑑1959年度版」に収録される。
1959年(昭34)に「宝石」に発表した「彷徨」は日本探偵作家クラブの「推理小説ベスト15 1960年版」に収録される。
1960年(昭35)に「ヒッチコック・マガジン」に発表した「エクトプラズム」は日本探偵作家クラブの「1961 推理小説ベスト20」に収録される。
1961年(昭36)に「宝石」に発表した「根の無い話」は日本探偵作家クラブの「1962 推理小説ベスト20」に収録される。
1962年(昭37)に「宝石」に発表した「2+2=0」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1963年版」に収録される。
1963年(昭38)、日本作家クラブ理事長に就任。
デビュー以来、ショートショートにこだわり、幻想と浪漫あふれる余韻のある作品が多い。「人生の怪奇を宝石のように拾い歩く詩人」と江戸川乱歩に評される。
1976年(昭51)、胃癌により、死去。

幻影城掲載誌:6/7/16/18/21/27/


白石潔(しらいし・きよし)

1904年(明37)、東京生まれ。明治大学政治経済学部卒。別名幽鬼太郎。奇人としても知られる。
1948年(昭23)、読売新聞社内に「探偵小説を愉しむ会」を結成。
1949年(昭24)、評論集「探偵小説の郷愁について」を発表。捕物帖を「季の文学」と規定した。
1949年(昭24)、報知新聞編集局長として、江戸川乱歩に戦後最初の小説「断崖」を執筆させた。
1950年(昭25)、「新青年」に掲載された木々高太郎主宰の文学派座談会「抜き打ち座談会」に触発され、香山滋山田風太郎島田一男高木彬光三橋一夫武田武彦香住春作島久平とともに本格派擁護のために鬼クラブを白石潔が主宰して結成。しかし、本来、白石潔自身は文学派に属していた作家だった。
1957年(昭32)、碧川浩一名義で「借金鬼」を「別冊宝石」に発表。1960年(昭35)に短編集「美の盗賊」としてまとめられ、第43回直木賞候補作となった。
1963年(昭38)、木々高太郎を中心とし、椿八郎鷲尾三郎氷川瓏らとともに同人誌「詩と小説と評論」を創刊。
1968年(昭43)、肝硬変のため死去。


仁賀克雄(じんが・かつお)

本名大塚勘治。1936年(昭11)、横浜生まれ。早稲田大学卒。
1957年(昭32)、江戸川乱歩を顧問に迎え、千代有三(文学部教授の鈴木幸夫)を会長に迎え、ワセダ・ミステリクラブを創設し、機関誌フェニックスに評論を発表。
1976年(昭51)、「海外ミステリ入門」を発表。
1976年(昭51)、小説「放課後の殺人者」を発表。

幻影城掲載誌:18/


新趣味(しんしゅみ)

新趣味創刊号表紙1922年(大11)1月創刊。博文館発行。編集長は鈴木徳太郎。1906年(明39)に創刊された田山花袋の自然主義の雑誌「文章世界」が改題された1921年(大10)の「新文学」をさらに改題した雑誌だが、「新青年」の増刊号だけが探偵小説専門誌だったころ、4月号から本誌ではコリンズの「月長石」など海外探偵小説の翻訳に力を注ぎ、日本で最初の探偵小説誌になった。編集者は鈴木徳太郎。1923年(大12)11月廃刊。通計23冊。

幻影城掲載誌:20/



新章文子(しんしょう・ふみこ)

本名中島光子。1922年(大11)、京都市生まれ。夫はシナリオ作家の安田重夫。引越し魔。占いでも有名。他殺クラブ会員。
1939年(昭14)、宝塚歌劇団に入団し、1941年(昭16)、小夜福子の「小夜吹く春風」で初舞台。
1948年(昭23)、本名で童話集「子りすちゃんとあかいてぶくろ」を刊行。
1959年(昭34)、「危険な関係」で第5回江戸川乱歩賞受賞。同時に1959年(昭34)に第42回直木賞候補となる。
1961年(昭36)に「宝石」に発表した「名も知らぬ夫」は日本探偵作家クラブの「1962 推理小説ベスト20」に収録される。
1961(昭36)、女性探偵作家団体の霧の会を発案。
1962年(昭37)に「宝石」に発表した「少女と血」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1963年版」に収録される。
1963年(昭38)に「宝石」に発表した「年下の亭主」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1964年版」に収録される。
1964年(昭39)に「小説新潮」に発表した「不安の庭」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1965年版」に収録される。
1965年(昭40)に「小説新潮」に発表した「眼には眼を」は日本推理作家協会の「推理小説ベスト24 1966年版」に収録される。
1971(昭46)、「四柱推命入門」を刊行し、ベストセラーとなる。
1987年(昭62)に「小説新潮」に発表した「うたかた抄」は日本文藝家協会の「現代の小説 1988」に収録される。

日本長編推理小説ベスト99/


新青年(しんせいねん)

新青年創刊号表紙1920年(大9)1月創刊。博文館刊行。戦後は江古田書房、文友館、博友社と移る。
押川春浪の「武侠世界」に押され、「冒険世界」を廃刊したあとの新雑誌企画に際して、森下雨村は総合雑誌を企画していたが、上司は純真な地方青年を対象とするように命じる。初期の新青年は青年修養談、海外渡航奨励記事が多かった。
読者を惹きつけるために創刊号にフリーマンの「オリシスの眼」の翻訳を掲載するなど、翻訳探偵小説を掲載したところ、若い世代に支持された。1920年(大9)8月には翻訳探偵小説で、「探偵小説傑作集」を増刊号として発行したが、恒例となり、1921年(大10)には新春と夏の二回、のちには年4回となり、通計43冊になった。これにより、「新青年」=「探偵小説」というイメージを与えることになる。もっとも喜ばれたのは、ビーストンであり、70編以上にも及ぶ。ちなみに増刊号を発行すると、編集者には特別ボーナスが支給されたので、喜んで発行していた。
創作は創刊号から募集していたが、十枚程度のものにすぎなかった。江戸川乱歩登場後、次々に新人作家が登場した。傾向としては、怪奇性、変態心理、悲哀や機知に富んだ作品が多かった。
1926年(大15)10月からは横溝正史が編集長に就任し、モダニズムとナンセンスで誌面を刷新する。探偵小説の特殊性を固持しようとする江戸川乱歩は変貌に衝撃を受けて、通俗長編に奔った。乱歩が新青年に帰ってきたのは、1928年(昭3)のことで、「陰獣」が掲載されるや、大評判となり、雑誌ながら三版まで印刷した。
1928年(昭3)10月に延原謙が、1929年(昭4)8月に水谷準が編集長に就任。近代的センスと風刺・ユーモアにあふれた誌面が特徴だったが、探偵小説からは少し離れた。
1938年(昭13)に上塚貞雄(乾信一郎)が編集長となったが、1939年(昭14)にふたたび水谷準が返り咲いた。戦後は横溝武夫(横溝正史の異母弟)が編集長となったが、通俗現代物だけを載せ、また、ライバル誌が排出したため、次第に探偵小説から遠ざかっていった。
1950年(昭25)には「抜き打ち座談会」を掲載し、探偵文壇を木々高太郎率いる文学派と、江戸川乱歩を総帥とする本格派に二分した。
発行所の博文館が解体のあとは、江古田書房、文友館、博友館と発行所の名義が転々となり、1950年(昭25)7月、休刊となった。最盛期の発行部数3万部。通計400冊。

幻影城掲載誌:7/13/20/22/23/24/25/33/35/



新探偵小説(しんたんていしょうせつ)

新探偵小説創刊号表紙1947年(昭22)4月創刊。名古屋在住の「ぷろふいる」寄稿家で、井上良夫に師事していた服部元正、福田昭雄、若松秀雄が新探偵小説社を設立し、発行した。江戸川乱歩の随筆「子不語随筆」が連載されていた。1948年(昭23)廃刊。計8冊。



戻る進む